ご近所すぎセフレ

主人公が偶然見つけた出会い系アプリ。
ご都合設定なら、催眠機能付きアプリだったりするのですが、このアプリはごく普通の出会い系アプリでした。
しかし、このアプリにはある意味催眠アプリより怖い機能が組み込まれていました。

その機能とは「ご近所さんが判る機能」です。
スマホなどについているGPS機能を使ってご近所でエッチしたい人を探し出すことができるのです。
普通に考えたらこんな怖い機能を使いたいとは思いませんよね。
なぜなら知り合いに見つかってしまう確率が飛躍的に上がってしまうからです。

しかし、欲求不満な人にはそんな危険性より、欲望の方が優先しているみたいです。
このアプリは後悔してすぐに人気となり、今や知る人ぞ知る出会い系アプリとして有名になっているのです。
しかも、このアプリの怖いところはとんでもなく精度が高いこと。

本気で出会いを求めている人にとってはいいのかもしれませんが、
ちょっとした遊び感覚や興味本位で使っている人にとっては危なっかしくて仕方がありません。
今日もこのアプリを興味本位で使った人妻が見つかってしまいます。
この人妻は旦那に内緒で出会い系アプリを使ってしまい、それをネタに脅迫まがいな事をされてしまいます。

旦那にばれることを避けたい一心の人妻は、少々の要求であれば無条件で受け入れてくれます。
そんなことをしても、相手はさらに調子に乗って要求をあげてくることが判っていても従うしかないのです。
もはやただのセフレとしてもてあそばれるだけの存在になった人妻。
ご近所すぎセフレではそんな可哀想な人妻の体験がつづられています。