月別アーカイブ: 2016年5月

H妹とド変態せっくすが日常の世界

大学に入って独り暮らししていたら、ある日いきなり妹が転がり込んできたなんてドラマのような展開ですよね。
しかも都合よく妹の通う学校は下宿から通学範囲内で、両親もどこか知らないところへ行くよりはいいと黙認してしまうというご都合主義的な状況です。

普通の大学生なら、せっかくの一人暮らしを邪魔されたくないので、家から叩き出すところですが、このケースでは違いました。
普通なら彼女でも連れ込んでエッチしたいところに妹がいるなんて考えられないのですが、実は妹はアイドルかと思うくらい可愛くてしかもブラコンと来れば話は違ってきます。
お兄ちゃん大好きっ子なので、主人公に彼女がいなくても心配いらないのです。
なぜなら彼女がしてくれようなことは全部妹がしてくれるからです。

さらにこの妹はその外見とはうって変わって内面はド変態なのです。
お兄ちゃんに虐められて悦ぶ変態っぷりは実際に読んでみないと伝わってこないものすごさがあります。
一応学校では優等生で通っているのですが、昼休みに露出写真を送ってくる変態っぷりを発揮しています。

もし、誰でも構わずやるような子ならただの変態痴女ですが、そこは一応の分別はあるらしく、主人公にだけ尻尾を振ってくるのです。
それが可愛くて、しかも都合が良いので手元に置くことにした主人公。
ところが、妹の変態っぷりは並大抵ではありませんでした。
学校から帰ってきておねだりしてくるのは当然として、朝起きて学校に行くまでの短い間にもおねだりしてくるのです。

そして、一通り調教してもらった後は何食わぬ顔をして学校へ行ってしまいます。
この変貌っぷりはものすごいとしか言いようがありません。
昼は普通の子かと思ったら、先ほどのように露出写真を送ってくるものすごさです。

そして主人公の懸念は妹が同じ大学を目指しているということにあります。
同じ大学を目指す理由は昼もやって欲しいからという勉強とはあまりにかけ離れたものです。
この文だと同じ会社に入って常時やって欲しいなんて言い出しかねません。
そろそろ実家に追い返したほうがいいかもと思ってしまいますが、夜の上手さは抜群なので手放す気にもなれないという難しい判断が迫られています。
H妹とド変態セックスな日常はいつまで続くのか見ものですね